自明流殺陣剣術とは

映像制作集団BLA[iz]が映画制作の際のリアリティとクオリティ追求のために居合の技術を踏襲した実戦剣術と、エンターテインメント性の高い魅せる殺陣技術とを融合させ作り上げた殺陣剣術流派です。”自明流に禁じ手無し”といわれ、刀(一刀、二刀、逆手、脇差)だけにとどまらず、棒、槍、傘、鉄扇、釵・・・時に体術も駆使します。安全性を第一に確保しながら、ステージであれば観客、映像であればカメラを意識しながら華麗に、力強く立ち回ります。

”自明流”の意味

多くを語らず

 

らの剣を以て

かす

 

動かば電光石火

閃く白刃

疾風の如し


自明の理という言葉が表すとおり、俳優として、兵法者として言葉で語るよりも、その振る舞いにより自ずと明らかにするという意味が込められています。

自明流の剣士

代表

大和守正 MORIMASA YAMATO

[経歴]

芸能プロダクションSTORK所属。映像制作俳優集団BLA[iz]代表。映像監督作品、出演、

     殺陣指導作品多数。

[出演作]

ごくせんthe movie、カイジ―人生逆転ゲーム―、ゼブラーマン2―ゼブラシティの逆襲―

[監督、殺陣指導]

北方水滸伝、無礼奴、無礼奴Ⅱ、GUNS、座れない男

死闘ー神子上典膳と善鬼ー、鬼を斬る!!ほか

 

[特徴]

 東洋、西洋様々な武器を使う。左手1本で立ち回る丹下左膳は痛快。

 

 

 

剣士

MIZUHO

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AYUMI

SAYURI

ARATA

HARERU

HIKARU

SHINGO

YOSHITO

JYUNPEI

What's New

ここには全ページに

共通の項目が表示されます。

 

<利用例>

What's New!

 

<利用例>

お問合わせはこちらから